第10話そのままのあんたでいいのよ

ごあいさつ

初めまして、マサキンスカイウォーカーと申します。

このブログを訪れていただいて、本当に、ありがとうございます。

トーリー仕立ての、ゆる〜い物語で、引き寄せの法則を知っていただいて、幸せな人生を楽しもう!!そんな感じででボチボチ書いております。笑

今、これを読んで頂いてるのも、何かの縁です。

これを機会に、引き寄せ物語に興味を持っていただけたら、最高の幸せです。

どうぞよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

連続ブログ小説

引き寄せ物語OL編

〜最初から読みたい方はこちら〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらすじ

主人公、小林聡美48は、勤続26年、某企業のお局OL。ある日、旧友の桃子48と出会って引き寄せの法則を教わる。それから、紆余曲折はあったものの少しづつ彼女の人生は変っていくのである。会社のお掃除おばさんもたいまさこ64や、新しい上司室井滋56から、この世の仕組みを教わり急展開。ひょんなことから室井が心の学校を立ち上げることに。その際、聡美は講師に抜擢され華麗なる転職をすることになるのだが。。

登場人物の紹介はこちら

物語の前回はこちら

室井

さ、今日はちょっと早いけど業務終了よ!明日は早いからみんな早く帰って準備よろしく〜!

開校式を明日に控え、早めに業務を終了した室井。みんながほぼ帰宅していくそんな中、帰えり仕度にグズグズしている聡美。

室井

聡美、早くしなよ!明日は開校式なのよ。

聡美

はい、えっと資料を家に持ち帰って復習しようと。。その資料が見当たんなくて。

室井

勉強熱心ね。でも、今日はゆっくりお風呂にでも入ってリラックスしたらいいんじゃない?

聡美

そうしたいんですが、ちょっと明日のことが心配で。。

室井

そうだ!聡美、呑みに行くよ!

聡美

え?明日開校式なんですよ、呑みに行ってどうするんですか!

室井

今の聡美を見ての判断よ!そんな資料はいいからすぐ行くよ!

聡美

マジですか?

健太

おっと、忘れ物忘れ物!あれ?まだおったん?早よ帰らなあかんで〜

室井

お、健太!いい所に戻ってきたねぇ〜呑みに行くよ!

健太

マジで?行く行く!

明日が開校式にも拘らず居酒屋に飲みに行く3人。暖簾をくぐるとカウンター席に案内された。奥から、室井、聡美、健太の順に座ってビールを注文し、室井が話しだした。

室井

さっきの聡美の言葉が気になってね。

聡美

私、何か言いました?

室井

うん、明日が心配だってね。それに、資料を持ち帰って復習しようとしてたんでしょ?

聡美

はい、明日のことを考えると緊張して。少しでも落ち着かそうかなって考えたんです。

健太

は?緊張?なんで?

聡美

健太にはわかんないよ、私、人前に出ると緊張しちゃうの。それにうまく話せるか不安だし。。

室井

そう言うことね。でも大丈夫。明日は開校式だけだし。授業はまだ先よ。

隣の女

ちょっとおにいさん、そこのお醤油とってくれる?

健太

お、これね。おっちゃん、どうぞ。

隣の女

はぁ〜?誰がおっちゃんよ!可憐な乙女に向かって!

健太

乙女?

聡美

あ、お姉さん、ごめんなさい!この人ちょっと常識がなくて。

隣の女

あら、そうなの?

室井

お姉さん、一杯おごりますよ。

隣の女

まあ嬉しいわぁ、ありがとう。

ちょっとさ、あんた達の話が耳に入ってきてね。あ、盗み聞きしようとしたんじゃないのよ。

聡美

大きな声で話してごめんなさい。

隣の女

いいのよ。でね、あんたの気持ちも分かるけど、まだ来てもいないことに心配してちゃダメよ。

聡美

でも、私、どうしても緊張して。。

隣の女

それね、あんたが自意識過剰なのよ。自分のことばかり考えて、失敗したらどうしようって不安になって。あんたが思うほど誰もあんたのことなんか見てないから。

聡美

でも、私、学生時代に弁論大会があってクラス代表で出たんですけど、緊張して何も話せなくて。。もうクラスのみんなにさんざん文句言われて、先生には怒られて、すっごい迷惑掛けたんです。それがあるから大勢の人の前で話すのに抵抗があって。。

隣の女

トラウマってやつね。

聡美

あ、そうかも。

隣の女

でも、それが原因じゃないわね。

聡美

え?でも、あの時のことは今でも鮮明に覚えてるし、私自身、めちゃめちゃ傷つきました。

隣の女

確かに少しは関係してるかもしれないけど、あんたさ、その緊張するのをどうにかしたいんでしょ?

聡美

もちろんです。

隣の女

だったらさ、その過去の失敗を引きずって、それを反省して、で、緊張は治まるわけ?

聡美

今までも失敗を振り返って反省はしてきましたが、やっぱり大勢の前に立つと緊張しちゃいます。

隣の女

でしょう〜だって過去を振り返っても根本的な解決にはならないのよ。

聡美

じゃあ、どうしたらいいんですか?

隣の女

まずは緊張することの本当の原因を知ることね。

聡美

本当の原因って?

隣の女

あんたはね、緊張するってことを周りのみんなに知らせたいのよ。

聡美

え、何の為に?

隣の女

もしも人前で何かをやって失敗しても、私は昔から緊張しやすいタイプだからって、言い訳できるからよ。

聡美

え?私そんなこと思っていませんし、考えた事もないです。

隣の女

そうだと思うよ。だってあんたはさ、無意識で自己防衛してるんだから。

聡美

自己防衛?

隣の女

あんただけじゃなく人間は自分の都合のいいように伏線を張りたがるのよ。

聡美

じゃあ私は言い訳のために緊張してるんですか?

隣の女

そうよ、あんたは自分を守るために緊張を自ら作り出してるのよ。

聡美

え、マジですか?じゃあ、どうしたらいいんですか?

隣の女

原因が分かったんだから、どうするかわかるでしょ?

聡美

うーん、わかんない。

隣の女

あんたさ、もういい大人なんだからさ、ちょっとは自分で考えなさい!ま、いいわ、ヒントだけね。

聡美

お願いします。

隣の女

あんたさ、人前で失敗したっていいじゃない?恥かいたっていいじゃない?あんたは必要以上に自分を大きく見せようとしてるのよ。そのままのあんたでいいのよ。最初に言ったけど、あんたが思ってるほど誰もあんたのことを気にしてないから、安心しな!

聡美

なるほどねー、まだ何となくですが理解出来ました。ありがとうございます。

健太

あのー、お姉さんって、何者なんですか?

隣の女

あたし?何者でもないわよ、ただの女よ。

健太

女?

隣の女

そうよ、なんか文句あんの?

健太

あ、なんでもないです。

聡美

あの〜お仕事は?

隣の女

仕事?そうね、毎日ブログ書いてるだけよ。

聡美

ブロガーだ。

隣の女

そんなものね。

室井

気に入った!お姉さん、ウチの学校で講師をしてもらえない?

隣の女

え?何の講師なの?

室井

心の学校よ。

隣の女

あらいいじゃない!面白そう。あたし毎日暇だしちょっと遊んじゃおかな。

室井

そうして!そう遊び感覚で来て欲しいな。

隣の女

遊び大好きよ!で、いつから?

室井

明日よ。

隣の女

そ、いいわよ!

聡美

もう決定?早っ!笑

ところで、お姉さんのお名前は?

隣の女

あたしの名前?マサコベイダーよ!

健太

ダースベイダー?

隣の女

違うわよ!マサコベイダーよ!!

健太

変な名前やなぁ。

隣の女

ほっといてよ!

室井

じゃ、お近づきの乾杯!

隣の女

乾杯!こちらこそ、よろしくね!

こちらこそ、つづくね。。笑

超クール!!!あたし気に入ったわ、この登場!!やれば出来るじゃない。とうとう聡美にも会えたし、室井ちゃんとの掛け合いも出来たし、最高の気分よ!クッキーでも焼いてあげようかしら?

あ、結構です。でも、どうやって登場させるか本当に悩みました。そもそも出すか否かも。

は?出すか否?あたしを怒らせるの?

あ、うそです。

でしょう、何を悩むことがあるのよ?これでいいのよ。さ、これからが本番ね。あたし張り切っちゃうわよ〜!!

あ、ほどほどに。。

ほどほど〜?あんたバカね〜、逆効果よ!その言葉があたしを本気にさせるのよ!

しまった。。

じゃ、来週の開校式、月曜日をお楽しみに〜〜〜

また、言われた。

では、みなさん素敵な週末を。

今週も最後まで読んでいただいて、

本当にありがとうございました。

やれば出来る子

マサキンスカイウォーカー

前作、引き寄せ物語を第1話から最終話まで、毎日1話ずつスマホやパソコンにメールでお届けしています。毎日1話ずつ届くので空いた時間に読めて、日の小さな楽しみとなったり、新たな気付きになってもらえたら幸いです。

現在、ご登録いただいた方に期間限定で、人生を劇的に変化させる無料PDFもプレゼントしています。こちらは聡美とマサキンの座談会形式の掛け合い漫才です。笑

連続メール小説引き寄せ物語