Itsbetweenyouandme12

ねるside

体育祭が終わって、教室に愛佳と2人。

愛佳にお願いをして残ってもらった。

そろそろ、言おうかなと思って。

茜には先に帰ってもらったから大丈夫。

愛佳に抱きつく。

いつも通り、抵抗することも、腕をまわしてくることもない。

ねねぇ、愛佳。好きだよ。

愛ごめん、ねる。

愛佳は私を拒否したりはしない。

でも、好きと返してくれることは無い。

悔しくてキスをする。

ねねぇ、愛佳。1つ教えてあげる。

愛ん?なに?

ねこの前公園でね、理佐と茜がキスしてるところ見ちゃった

愛は?嘘でしょ?

ねホントだよ。私たちみたいに、隠れて関係持ってるんだよ。

ねもう、私だけにしなよ。愛佳。

ねるを選べば楽なのに。

愛ごめん、ちょっと今、なんも考えられない。今日は先に帰る。

愛佳は私を選ばない。

わかってるけど、ちょっと辛い。

下を向いてると、

理ねる!!あんた、まだ愛佳と!

なんで理佐がいるの。

知ってたくせに、いまさら、

ね今更なに。少しは気づいてたんじゃないの?理佐。

理でも、愛佳には茜がいるから、、。もう、終わりにしなよ

よく人のことそんな偉そうに。

ねまぁ、理佐も同じことしとるけん、人のこと言えなくない?

理え

顔色を上げると視界の端でドアが空いてることに気がつく。その奥にゆっかーがいることも。

隠れて聞いてんのかな。

イラついてたから、わざと聞こえるように言う。

ね知ってるんだよ?理佐と茜が隠れてキスしてたこと

理っ!それは

ね何も言えないよね?自分も人の彼女に手を出してるんだから。

ゆっかーに言ってもいいんだよ?

ねるっ!!

ね嫌なら、ほっといてくれない?理佐には口出しされたくない。

そう言って教室を出る。

そして、いるのを気が付かなかったように声をかけた。

あ、ゆっかー。

泣いてる。

やりすぎたかも。

理友香?

友理佐、今の話ってほんと?

理それは。

友なんで黙るの?何か言ってよ!!

理ごめん、

友わけわかんない。ごめん、しばらく距離おこ。

ゆっかーが走って帰ってしまった。

私は無理やり口角を上げる

聞かれちゃったね。理佐。

理っ!友香がいるの知っててわざと!

ドア閉めなかった自分が悪いんでしょ。違うとでも嘘つけばよかったのに。じゃあね、理佐

私はそのまま外に出る。

門でバスケ部が集まってるのが見えた。

無理やり笑顔を作って

じゃあね

と声をかけて通り過ぎる。

だけど、

てねる!一緒にかえろ!

てちが声をかけてきた。

今はそんな気分じゃない

ねごめん、疲れたから今日は一人で帰るね!

また歩きだそうとする

でも、腕を掴まれて

て待って!ねる、一緒に帰ろ。

しつこい。一人にしてほしい。

ねだから、今日は、、

1人で帰りたいの。そう言おうとしたけど携帯が鳴って言えなかった。

そしたらてちに手を握られて、そのまま走り出した。

突然の事で手は振りほどけなかった。

しばらく走って、学校近くの大きい公園の人気の無い細い道でとまる。

二人で荒い息を整える。

てはぁはぁ。ごめん、ねる。急に走っちゃって

1人で帰りたいって言ったのに。

てどうしても、気になって

てねるが、辛そうだったから、何かあったのかなって。

なにそれ、何も無いよ。

て嘘、だよね。

嘘じゃないよ

てじゃあなんで、泣いてるの。

え?

手で触って確かめる。

あれ、なんで濡れてるんだろ。

なにこれ、

どんどん溢れてくる。

辛いことなんて、何も無い、

はずなのに。

てねる

繋いでた手を少し引っぱられて、てちに抱きしめられた。

ちょっと、離してよ

てやだ。離したら帰っちゃうでしょ。いまは、ねるのこと一人にしたくない。何があったのかとか聞かないから。泣いていいよ。

嫌がってるのに、てちは離してくれなかった。

てちの前で泣くのは嫌なのに、何故か涙は溢れるばかりで止まってくれない。

自分がよくわからない。

愛佳のことが好き。

ももうこの想いが届かないってことはわかってる。

愛佳は優しいから、私を突き放したりしない。

その愛佳の優しさを利用して、私は最低だ。

てちの腕の中で泣いた。

てちは黙って。そのままでいてくれた。

落ち着くとねる、帰ろう?って、いつも通りの笑顔で。

また後で。打ち上げでね。

そう言っててちは家に帰った。

私は家に入り、ベッドに倒れ込む。

今日は疲れた。

打ち上げどうしようかな。

行きたくない。行かなくてもいいかな。

そう思ってるのに

なんでだろ。

頭の中にてちがいて、行かなきゃって思ってしまう。

広告を非表示にする