現金とクレジットカードを併用するのではなく

食費に関してはクレジットカードで全てやるのが節約になります。

ただし、外食ではなくて日常のスーパーでの買い物です。

スーパーのポイントとカードのポイントの二重取りができます。

同じものを買って同じ金額を支払ってるのに、カード払いの場合、ポイントという特典が付きます。

あと、毎日の買い物が記録されますので後で見直す事ができます。

クレジットカードのサイトで、データとしてダウンロードし、エクセルに入れて家計簿にします。

現金支払いの場合、景気のいい時と悪い時で買うものに波がでます。

カードだとむしろ安定した買い方をします。

現金とカードを併用するのは危険だと思います。

でもカードしか使わないというのは逆に賢いのかなと思います。

給料前にお金がない! 金欠の「1週間」を乗り切る方法